付き合って3年以上経つらふたびが結婚できない理由。

スポンサーリンク

 

こんにちは。ホームレスカップル、らふたびのちえです。

今年の2019年12月で私たちは付き合って約3年半の月日が経とうとしています。

私は今年で25歳、彼氏のカザーシーは29歳とまさに【結婚してもおかしくない歳】です。

 

ですが、まだ「カップル」でいる私たちはよくこう聞かれます。

「二人はそんなに仲良いけど結婚しないの?」

 

はい。単刀直入に答えると「結婚しない」ではなくて「結婚ができない」んです。

今回はあんまり語ってこなかった【らふたびカップルが結婚できない理由】について少し詳しくお話していこうと思います。

 

はじめに

肩を組んで笑いあうらふたびカップル

私たちのYouTubeやTwitterなどのSNSを見てくれている方はご存知かと思いますが私たちは「超」がつくほど仲良しです。笑

自分でも自信を持って断言してしまうほどめちゃめちゃ仲がいいカップルだと思っています。

 

地元にいる学生時代から仲のよかった友達といるより2人でいた方が楽しいし、

気の許せる家族といるよりも2人でいた方がなんでも話せて信頼できる存在です。

 

当時、22歳の私は新卒で働いていた会社を「彼と人生を過ごすため」に辞めスーツケース片手にホームレスになりました。

 

「無人島に一つ持ってくなら何を持ってく?」

なんて質問ありますよね?

「かざし。」

私は大真面目にそう答えるくらい、”かざしがいれば他に何もいらない”と本気で思っていたしもちろん3年経った今でもそう思っています。

 

全てを捨ててホームレスになったのは付き合い始めて3ヶ月目だったんですが

おそらく、この覚悟は普通の付き合いたてのカップルができることではないんじゃないかと思っています。

 

この時からすでに「この人と結婚したい!!!」という強い想いがお互いにありました。

では、なぜ結婚できないのか。前置きが長くなってしまいましたがここから本題に入ります。

 

らふたびが結婚できない理由

キャリーケースを持って歩くカップル

単刀直入にお話すると、私たちが結婚できないのには【私の両親の宗教が関係しています

宗教の話って日本ではなかなかセンシティブな話題で、ピンと来る方も少ないんじゃないかと思うので

言いづらさを残しながらも勇気を持ってカミングアウトしていこうと思います。

 

宗教に人生を捧げた両親の結婚

私の両親が入っている宗教は(ごめんなさい、名前は伏せさせて頂きます泣)とあるキリスト系の一派です。

そこで出会った両親が結婚して私が生まれたわけですが、両親にとっての【結婚】とはよくある幸せで笑顔が溢れた結婚とはかけ離れたものでした。

 

私の母は韓国人で父は日本人。2人は年も10歳以上離れています。

そんな国籍も出身もバラバラな二人はそれぞれが入信する宗教で出会いました。

 

これがまたすこし変わった結婚方法で一般的に言うお見合いに近いような感じではありますが

決めるのは、私の親の両親とかではなくその宗教のトップの人。

 

その人が、「この人とこの人を結婚させる」というような感じで出会ったこともない、お互いの名前も知らない

2人を結婚に向かわせた、こんな感じです。

 

私の両親が「この人がやだ!この人がいい!」と自分で選ぶような自由恋愛のもと、ゴールインをしたのではないのはお判り頂けたかと思います。

 

色んな価値観はありますが、結婚とは人生において男性にとっても、女性にとってもとっても大事で重要な一大イベントだと思います。

それを私の両親は、とある宗教に捧げ”自分の意思”とは全く関係のない形で結婚をしました。

 

同じ価値観を持つ人以外信用できない!

そんな感じで、強制的に結婚させられた両親ですが「自分たちが好きで入った宗教の教え」なので

なんら疑問はないしこの結婚の形に対して「守るべき当たり前のこと」と認識している様です。(宗教って怖いよね)

 

最初は、お互いが日本語も韓国語も喋れないので紙に英語を書きながらコミュニケーションをとったらしいです。

 

子供の頃の記憶を辿ると、両親は喧嘩ばかりだったのを覚えてます。

そりゃあ「付き合ってお互いのことを知る」という階段をすっ飛ばして、結婚したんだから

(それもお互いの意思と関係のない形で)夫婦間のすれ違いも人より多いはずですよね。

 

ですが、そんな二人が離婚が騒がれる今日でさえ離婚もせずに一緒にいれているのは

同じ宗教を信じるという同じ価値観】を共有していているからだと言います。

 

「同じ価値観があるもの同士には硬い絆がある 」というのは、出自が全く違う二人が家族となって

20年以上もの間一緒にいる私の両親が言うと確かに説得力はあるかなとは思います。

 

ですが、まさにこの考え方を言い換えると【同じ価値観を持っていない者同士は信頼できない】

という凝り固まった考え方を植えつけてしまったんです。

 

うすうすお気付きの方もいるかと思いますが、私たちが結婚できない理由はまさにこの両親の考えによるものです。

 

厚い宗教の壁

私の両親はこの考え方に基づいているので、これまでに両親から

「彼氏や彼女は作るな!」「同じ宗教内で結婚しろ!」と硬く言い伝えられてきてはいました。

 

ですが正直なところ両親の喧嘩ばかりを見てきた私たちは

「好きな人同士で結婚した方が幸せになれるんじゃないか」と思っていて両親の教えに賛同できずにいました。

 

そんな中で出会ったのがかざしです。

私は両親にこれまで彼氏がいても存在を伝えたことがなかったんですが

かざしのことは正直に両親に伝えて認めてもらいたい!と思ったんですよね。

 

 

「私、結婚したい彼がいるんだ。」

人生で初めて親にカミングアウトしました。

 

両親の反応は・・・・

「・・・・・」

「どこの馬の骨だ!!!連れてこい」

 

この時のことを思い返すだけでもすごく嫌な気分がするんですが、家の中にある私の私物を全て外に出されて

「もうお前はうちの子供じゃない!!!!出てけ!!!!!」と言われ追い出されました。

 

あんまり固定した宗教を持たない日本人からしたら、全く理解できないことかもしれませんが

宗教に入信している人からしたら「宗教を持たない人」というのは”何を考えているかわからない人”と捉えられることもあるそうです。

 

うちの両親も同じで「同じ価値観を持ってないと、浮気もするし、どうせ離婚もする!!」と硬く決めつけて

「かざしだか、なんだか知らないけどそんなやつとは今すぐ別れろ!!!!」

と結婚反対!どころか、付き合うこと自体を猛烈に反対されてしまいました。

 

かざしという人の大きさに涙

会ってもない、どんな人かも知らない段階で自分の好きな人の両親に

こんなに激しく否定されてかざしはさぞ心に深い傷を負ったに違いありません。

 

かざしは、会った人にはわかるかと思いますが誰がどう見ても優しく誠実な人です。

かざしほどまっすぐで涙が出るほど優しい人に未だかつで出会ったことがありません。(いるとは思いますが)

 

そんな彼を知りもしないで頭ごなしに否定する両親に対して私はこれまで育ててもらった

ご恩を感じつつも正直なところ両親を許せないでいました。

 

それなのにかざしは

「それでも、俺は好きな人とその家族を幸せにしたい。」

と…。

これを聞いて涙が出ました。

 

皮肉なことに「愛」を称える宗教に入る両親が人を否定し、無宗教の彼が自分を否定する人間でさえに「愛」を与えてるんですよね。

 

「俺は信じるものは何もないけど、この人って決めた人は一生をかけて大事にしていく覚悟がある」

俺はまっすぐ目を見て、自信を持ってこの言葉をちえのご両親に伝えるよ!って言ってくれました。

 

結婚の壁を越えた先【らふたびの望む未来】

芝生の上で自撮り写真を撮るカップル

「結婚にこだわる必要なくない?」

と言われることがありますがその通りだと思います。

 

今の時代、結婚の在り方は様々で「事実婚」という婚姻届を提出していない夫婦だっています。

ですが、恋人の在り方が多様化してる今の時代だからこそ私たちは「結婚」がしたいんです。

 

家も職も捨て家族と離れ色んな壁に直面してきた私たちは「夫婦」と呼ばれる人たちと

同じくらい、またはそれ以上の硬い絆で結ばれていると自負しています。

 

なので「夫婦」なんて所詮ただの紙っピラ上の法的な絆にすぎません。

ですが私たちにとっての「結婚」とは、考え方が違う両親との「和解」を意味する重要なことなんですよね。

 

「いい歳なんだから両親に内緒で結婚しちゃってもいいんじゃないか?」

とかもよく言われますがそれでは意味がないんですよね。

 

自分たちだけが幸せになるだけでは意味がないんです。

二人でいても十分幸せであることは変わりませんが、この「幸せのお裾分け」をしていきたい。

これは私たちがSNSやYouTubeをやっている全ての根元的な考え方でもありますが、私たちと出会った人に少しでも幸せになって欲しい。

 

それは私の両親にも同じです。

少しずつかもしれないし、そもそも認められるかだってわからない。

だけど私たちは、考えの違う両親と向き合っていきたいんですよね。

 

今は正直、私たちは力不足です。

ですがもっともっとらふたびを皆さんに知ってもらえて多くの人を笑顔にできた時

私の両親にも認めてもらえる日が必ずくると信じています。

 

なので、らふたびは今日も走り続ける!!!

 

 

正直、ご夫婦を見てるとめちゃめちゃ羨ましいですよ!!(ぶっちゃけた〜笑)

「早く二人で頑張ってご両親にも認められたいね〜」なんて本音だって飛び出します。

 

普通の結婚よりもちょっぴり(いやだいぶ)ハードルの高い壁にぶつかっていますが

これを越えた先は、自分たちの成長と多くの幸せが待ってるに違いありません!

 

 

ここまでお付き合い頂きありがとうございました😭

私たちが今こうして頑張っていられるのも応援してくださる皆様のお陰だと本気で思っています。

ありがとうございます!!!

 

引き続き、皆さんに少しでも笑顔や幸せを分け与えれるように

頑張っていきますので応援よろしくお願いします!!

らふたび

らふたびSNS情報

YouTubeはこちら

Twitterはこちら

Instagramはこちら

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す